【グラクロ】最強パーティ編成まとめ(8/16更新)

グラクロ「七つの大罪~光と闇の交戦~(ひかりとやみのグランドクロス)」の最強パーティ編成例まとめです。PvP殿堂入りパーティやSPダンジョンでの周回パーティ、殲滅戦での攻略パーティを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

スキルの効果でキャラを探そう!
スキル効果別キャラ検索ツール
スキル効果別キャラ検索ツール

最強パーティ編成 更新情報

グラクロ(七つの大罪)の最強パーティ編成の更新情報まとめ。メンバー変更、パーティ追加時に更新予定です。

8/16 PvP殿堂入り最強パーティ(2019/8/12)、妖精族パーティなどを追加!
8/6 PvP殿堂入り最強パーティ(2019/8/5)を追加!
7/29 PvP殿堂入り最強パーティ(2019/7/29)を追加!
7/25 転スラコラボキャラを各パーティ内に編成
7/23 PvP殿堂入り最強パーティ(2019/7/22)を追加!
7/18 パーティ内の配置も考慮し、カウンター対策パーティ、石化対策パーティの編成順を入れ替え
7/16 PvP殿堂入り最強パーティ(2019/7/15)を追加!
7/8 PvP殿堂入り最強パーティ(2019/7/8)を追加!
7/4 サブの特殊戦技を見直し&SPダンジョン周回用のパーティを追加!
7/1 PvP殿堂入り最強パーティと装備情報、編集部の考察を追加!
6/19 殲滅戦最強パーティを更新!
6/13 最強パーティ編成まとめを作成

最強パーティとは

最強パーティ編成まとめでは、PvP、クエスト周回、殲滅戦などバトル別に最強パーティ編成例を紹介しています。

また、絆スロットには合技絆効果を持つキャラを編成しています。
パーティと合わせて紹介している代用キャラを編成する際には、そのメンバーに合わせた絆キャラを編成してください。

パーティ内の配置も考慮

戦闘で配られるスキルは編成した順番で2枚ずつ配布され、一番左のスキルのみランダムです。

最強パーティ編成まとめでは、戦闘開始時にカードを重ねて、スキルランクアップさせたいキャラを一番左に編成させています。

PvP最強パーティ編成例

PvP殿堂入り最強パーティ(2019/8/12)

闘級の目安 158,982
2019年8月5日(月)~8月11日(日)間のPvP全体の3位が使用したパーティを紹介。今回のパーティは、挑発&ダメージ減少が優秀なキャラ、「雷帝」守護者ギルサンダーが編成されています。

尚、1位は、レベル1の【チャンピオン】レンジャーグリアモール1体が編成されているのみで、2位はPvP殿堂入り最強パーティ(2019/7/15)とメインキャラが同じ編成だったため割愛させていただいております。

装備例

キャラ 装備セット
<怠惰の罪>妖精王キング
キング
鉄壁-腕輪 猛攻-首飾り 猛攻-ベルト 鉄壁-リング 猛攻-耳飾り 猛攻-ルーン
猛攻+鉄壁
【復讐の鬼】妖精ヘルブラム
ヘルブラム
猛攻-腕輪 猛攻-首飾り 鉄壁-ベルト 鉄壁-リング 猛攻-耳飾り 猛攻-ルーン
猛攻+鉄壁
「雷帝」守護者ギルサンダー
ギルサンダー
鉄壁-腕輪 鉄壁-首飾り 鉄壁-ベルト 鉄壁-リング 鉄壁-耳飾り 鉄壁-ルーン
鉄壁+鉄壁+鉄壁
<暴食の罪>大魔術士マーリン
マーリン
生命-腕輪 生命-首飾り 鉄壁-ベルト 生命-リング 生命-耳飾り 鉄壁-ルーン
生命+鉄壁

編集部の考察

PvP全体の3位のパーティには、「雷帝」守護者ギルサンダーが編成されていました。

ギルサンダーは、挑発&ダメージ減少のスキルと、忍耐率を増加する特殊戦技が優秀なキャラです。

また、装備には自慢の耐久力を活かすため、鉄壁装備6個が装着されており、合計で防御力が+60%されて、約1万と高いステータスを持っています。

上位プレイヤーは、SSRの装備を多くセットしているため、パーティの総合闘級が非常に高く、勝利することは難しいです。上位プレイヤーのパーティ(AI)がどれくらい強いか確認したい人は、殿堂入りプレイヤーの銅像から、親善試合を挑んでみましょう!

殿堂入りプレイヤーの銅像については、以下のリンク先をご覧ください。

PvP殿堂入り最強パーティ(2019/8/5)

闘級の目安 165,744
2019年7月29日(月)~8月4日(日)間のPvP全体の3位が使用したパーティを紹介。今回のパーティは、転スラ(転生したらスライムだった件)コラボで登場した【破壊の暴君】ミリム・ナーヴァが編成されています。

尚、1位は、装備なしかつレベル1の【鬼人族】ベニマル1体が編成されているのみで、2位はPvP殿堂入り最強パーティ(2019/7/15)とメインキャラが同じ編成だったため割愛させていただいております。

装備例

キャラ 装備セット
<色欲の罪>聖騎士ゴウセル
ゴウセル
鉄壁-腕輪 生命-首飾り 生命-ベルト 生命-リング 生命-耳飾り 鉄壁-ルーン
生命+鉄壁
【破壊の暴君】ミリム・ナーヴァ
ミリム
猛攻-腕輪 鉄壁-首飾り 猛攻-ベルト 猛攻-リング 猛攻-耳飾り 鉄壁-ルーン
猛攻+鉄壁
<怠惰の罪>妖精王キング
キング
生命-腕輪 鉄壁-首飾り 生命-ベルト 鉄壁-リング 生命-耳飾り 生命-ルーン
生命+鉄壁
<暴食の罪>大魔術士マーリン
マーリン
生命-腕輪 鉄壁-首飾り 鉄壁-ベルト 生命-リング 生命-耳飾り 生命-ルーン
生命+鉄壁

編集部の考察

PvP全体の3位のパーティは、転スラコラボの新キャラ【破壊の暴君】ミリム・ナーヴァが編成されていました。

ミリムは、クリティカルが出しやすいアタッカー役。スキルで必殺技を使用不可にできるほか、必殺技で敵全体に起爆ダメージを与えれるのも強力です。

また、ミリムが編成された理由としては、殿堂入りパーティでもよく編成されている、【復讐の鬼】妖精ヘルブラムに対して、属性の有利と高い攻撃力で、強く出れるキャラだからだと考察します。

上位プレイヤーは、SSRの装備を多くセットしているため、パーティの総合闘級が非常に高く、勝利することは難しいです。上位プレイヤーのパーティ(AI)がどれくらい強いか確認したい人は、殿堂入りプレイヤーの銅像から、親善試合を挑んでみましょう!

殿堂入りプレイヤーの銅像については、以下のリンク先をご覧ください。

PvP殿堂入り最強パーティ(2019/7/29)

闘級の目安 170,619
2019年7月22日(月)~7月28日(日)間のPvP全体の2位が使用したパーティを紹介。今回のパーティは、転スラ(転生したらスライムだった件)コラボで登場した【魔物を統べる者】リムル=テンペストが編成されています。

尚、上位1位のパーティについては、装備なしかつレベル1の【スライム】リムル=テンペスト1体が編成されているのみだったため割愛させていただいております。

装備例

キャラ 装備セット
<色欲の罪>聖騎士ゴウセル
ゴウセル
生命-腕輪 生命-首飾り 生命-ベルト 鉄壁-リング 生命-耳飾り 鉄壁-ルーン
生命+鉄壁
【魔物を統べる者】リムル=テンペスト
リムル
猛攻-腕輪 猛攻-首飾り 猛攻-ベルト 鉄壁-リング 鉄壁-耳飾り 猛攻-ルーン
猛攻+鉄壁
<怠惰の罪>妖精王キング
キング
鉄壁-腕輪 鉄壁-首飾り 生命-ベルト 生命-リング 生命-耳飾り 生命-ルーン
生命+鉄壁
<暴食の罪>大魔術士マーリン
マーリン
鉄壁-腕輪 生命-首飾り 生命-ベルト 生命-リング 生命-耳飾り 鉄壁-ルーン
生命+鉄壁

編集部の考察

PvP全体の2位のパーティは、転スラコラボの新キャラ【魔物を統べる者】リムル=テンペストが編成されていました。

リムルは、デバフ無効の挑発が可能な盾役。必殺技/合技に単体のバフと構えを解除して、1ターンの間、気絶にできるのも強力です。

また、パーティの内3体が生命+鉄壁装備で、攻撃力よりもHPを上げて闘級の底上げをしています。

PvP殿堂入り最強パーティ(2019/7/22)

闘級の目安 約156,000
2019年7月15日(月)~7月21日(日)間のPvP全体の2位のパーティ編成は、前回と同じ編成だったため、3位が使用したパーティを紹介。メインとサブは共に最大レベル70で編成されています。

今回のパーティは、前回の筋力属性のアタッカー【復讐の鬼】妖精ヘルブラムから、速力属性のアタッカー「威圧」ハンタースレイダーへ交換されたことが大きな変更点の編成です。

尚、1位のパーティについては、装備なしかつレベル1の【決定】聖騎士見習いツイーゴが編成されているのみだったため割愛させていただいております。

装備例

キャラ 装備セット
<怠惰の罪>妖精王キング
キング
生命-腕輪 鉄壁-首飾り 生命-ベルト 鉄壁-リング 生命-耳飾り 生命-ルーン
生命+鉄壁
「威圧」ハンタースレイダー
スレイダー
猛攻-腕輪 猛攻-首飾り 鉄壁-ベルト 猛攻-リング 鉄壁-耳飾り 猛攻-ルーン
猛攻+鉄壁
<色欲の罪>聖騎士ゴウセル
ゴウセル
生命-腕輪 生命-首飾り 生命-ベルト 鉄壁-リング 鉄壁-耳飾り 生命-ルーン
生命+鉄壁
<暴食の罪>大魔術士マーリン
マーリン
鉄壁-腕輪 猛攻-首飾り 猛攻-ベルト 猛攻-リング 猛攻-耳飾り 鉄壁-ルーン
猛攻+鉄壁

編集部の考察

PvP全体の3位のパーティは、【復讐の鬼】妖精ヘルブラムなど、筋力属性が多く見られるPvP環境に対して、速力属性のアタッカー「威圧」ハンタースレイダーを入れることで優位を作るための編成だと考察します。

スレイダーは、キャラ全体の中でも攻撃力が高く単体攻撃に優れているほか、特殊戦技で必殺技ゲージが一個もない敵を攻撃すると、クリティカル確率が3倍になるのも強力です。

しかし、ヘルブラムが担っていた石化での行動不可と、必殺技ゲージ減少スキルを使った必殺技対策の役割がなくなってしまう点に注意しましょう。

PvP殿堂入り最強パーティ(2019/7/15)

闘級の目安 約153,000
2019年7月8日(月)~7月14日(日)間のPvP全体の2位が使用したパーティ。メインやサブ、絆キャラを含めて、パーティ内すべて最大レベル70で編成されています。

今回のパーティは、前回の【コレクター】大魔術士マーリンが、新たに登場した<暴食の罪>大魔術士マーリンへと交換された編成です。

尚、1位のパーティについては、闘級が2、3位と比べて115,000とかなり低く、キャラの装備が外されていることもあり、割愛させていただいております。

装備例

キャラ 装備セット
【復讐の鬼】妖精ヘルブラム
ヘルブラム
鉄壁-腕輪 猛攻-首飾り 猛攻-ベルト 猛攻-リング 鉄壁-耳飾り 猛攻-ルーン
猛攻+鉄壁
<色欲の罪>聖騎士ゴウセル
ゴウセル
生命-腕輪 生命-首飾り 鉄壁-ベルト 生命-リング 鉄壁-耳飾り 生命-ルーン
生命+鉄壁
<怠惰の罪>妖精王キング
キング
生命-腕輪 生命-首飾り 鉄壁-ベルト 鉄壁-リング 生命-耳飾り 生命-ルーン
生命+鉄壁
<暴食の罪>大魔術士マーリン
マーリン
鉄壁-腕輪 猛攻-首飾り 猛攻-ベルト 鉄壁-リング 猛攻-耳飾り 猛攻-ルーン
猛攻+鉄壁

編集部の考察

PvP全体の2と3位のパーティは、絆スロット以外、全て同じ編成です。今まで主流だった石化などの行動不可スキル持ちのキャラに加えて、<暴食の罪>大魔術士マーリンが加わったことが大きな変更点となっています。

サブの<暴食の罪>大魔術士マーリンは、シールド生成で後半の守りを安定できるほか、メインに編成した 【復讐の鬼】妖精ヘルブラムがやられてしまった時、必殺技ゲージ減少で敵の必殺技対策として役立ちます。

また、特殊戦技で、戦闘開始時にすべての味方の必殺技ゲージを1個増加でき、先に必殺技ゲージを溜めることが可能です。

PvP殿堂入り最強パーティ(2019/7/8)

闘級の目安 約148,301
2019年7月1日(月)~7月7日(日)間のPvP全体の1位が使用したパーティ。4体とも最大レベル70で編成されています。

尚、1~3位ともメインとサブは同じ編成のため2~3位のパーティは割愛。ヘルブラムとキングの絆スロットには合技キャラがセットされ、ゴウセルとマーリンはユーザーによって違うキャラがセットされていました。

装備は、ヘルブラムとマーリンが猛攻4+鉄壁2装備。ゴウセルとキングが生命4+鉄壁2装備となっています。

装備例

キャラ 装備セット
【復讐の鬼】妖精ヘルブラム
ヘルブラム
鉄壁-腕輪 猛攻-首飾り 猛攻-ベルト 猛攻-リング 鉄壁-耳飾り 猛攻-ルーン
猛攻+鉄壁
<色欲の罪>聖騎士ゴウセル
ゴウセル
生命-腕輪 生命-首飾り 鉄壁-ベルト 生命-リング 鉄壁-耳飾り 生命-ルーン
生命+鉄壁
<怠惰の罪>妖精王キング
キング
生命-腕輪 生命-首飾り 鉄壁-ベルト 鉄壁-リング 生命-耳飾り 生命-ルーン
生命+鉄壁
【コレクター】大魔術士マーリン
マーリン
鉄壁-腕輪 猛攻-首飾り 猛攻-ベルト 鉄壁-リング 猛攻-耳飾り 猛攻-ルーン
猛攻+鉄壁

編集部の考察

PvP全体の1~3位のパーティは絆スロット以外、全て同じ編成です。石化や凍結などの行動不可スキルを駆使して戦うパーティがPvPでは主流となっています。

【復讐の鬼】妖精ヘルブラムは、石化攻撃+相手の必殺技ゲージを減らすスキルを所持。さらに、特殊戦技では生き残っている味方のキャラ1体につき、基本ステータスが5%ずつ増加するため、戦闘開始時から自身を強化できる点が強力です。

<怠惰の罪>妖精王キングは前週から引き続き、上位パーティのメインキャラに選出。キングは特殊戦技の効果で、妖精族のステータスを8%強化できるため、ヘルブラムと非常に相性がいい編成と言えるでしょう。

そしてキングは、石化+回復を使える点からパーティのサポート&回復役として立ち回りが可能。<色欲の罪>聖騎士ゴウセルは、スキルランクアップと攻撃スキル使用不可スキルが戦況を大きく変えられる点から、PvPでよく使われているキャラです。

サブの【コレクター】大魔術士マーリンは凍結スキルを所持。メインに編成した石化スキル持ちがやられてしまった時の代替えとして有効でしょう。

PvP殿堂入り最強パーティ(2019/7/1)

闘級の目安 約144,318
2019年6月24日(月)~6月30日(日)間のPvP全体の1~3位が使用したパーティ。4体とも最大レベル70で編成されています。尚、1~3位とも全く同じ編成でした。

<強欲の罪>冒険家バンと「暴風」聖騎士ハウザーは、猛攻4+鉄壁2装備で、キングとエリザベスは、生命4+鉄壁2装備となっています。

装備例

キャラ 装備セット
<強欲の罪>冒険家バン
バン
鉄壁-腕輪 猛攻-首飾り 猛攻-ベルト 鉄壁-リング 猛攻-耳飾り 猛攻-ルーン
猛攻+鉄壁
「暴風」聖騎士ハウザー
ハウザー
鉄壁-腕輪 猛攻-首飾り 猛攻-ベルト 猛攻-リング 鉄壁-耳飾り 猛攻-ルーン
猛攻+鉄壁
<怠惰の罪>妖精王キング
キング
生命-腕輪 生命-首飾り 鉄壁-ベルト 生命-リング 鉄壁-耳飾り 生命-ルーン
生命+鉄壁
<豚の帽子>亭看板娘エリザベス
エリザベス
生命-腕輪 生命-首飾り 鉄壁-ベルト 鉄壁-リング 生命-耳飾り 生命-ルーン
生命+鉄壁

編集部の考察

PvP上位1~3位のパーティは属性がばらけているため、敵のどんな属性のパーティにも対応が可能。また、絆スロットには<豚の帽子>亭看板娘エリザベス以外、必殺技の威力を上げる合技キャラがセットされています。

<強欲の罪>冒険家バンは、敵の攻防を奪う強奪スキルが強力です。「暴風」聖騎士ハウザーで敵全体を攻撃する前に強奪を使えば、1ターンで相手パーティのキャラのHPを多く削る、もしくは倒すことができます。

<怠惰の罪>妖精王キングは、石化+回復を使える点からパーティのサポート&回復役として立ち回れます。相手にキングがいる場合は、先に石化したいところです。

サブのエリザベスは参戦しなくても特殊戦技が有効。味方がダメージを受けると次のターン開始時に最大HPの10%を回復できるため相手に回復役がいない場合、差をつけることができます。

カウンターパーティ

<七つの大罪>【団長】メリオダスのカウンタースキルで、相手の全体攻撃スキルを使いづらくしつつ、攻撃していくパーティ編成です。メリオダスのカウンタースキルは最大HPに依存しているため、生命装備がおすすめです。

カウンター発動後は、敵のデバフ攻撃を【リオネスの英雄】聖騎士ゴウセルで封じ、<怠惰の罪>妖精王キングで敵を石化。メリオダスの体力が危ない時はキングのスキル2で回復させましょう。

また、サブの「強奪」荒くれ者バンは、吸血や特殊戦技で自身のHPを回復できるため、他の味方キャラに比べて生存確率が高いため編成しています。

代用キャラ

代用キャラ 役割と立ち回り
ワインハイト
ワインハイト
<怠惰の罪>妖精王キングの代用
アタッカー
・全体攻撃に特化
・貫通率を増加する特殊戦技
ヘンドリクセン
ヘンドリクセン
「強奪」荒くれ者バンの代用
アタッカー
・点火するスキルが強力
・吸血する手段が豊富

カウンター対策パーティ

「威圧」ハンタースレイダーは、ランク2のスキル2攻撃で、相手の構えを解除することができます。カウンターや挑発スキル持ちキャラを多く編成している相手パーティに有効です。

【復讐の鬼】妖精ヘルブラムは石化役として編成。石化は相手のカウンター状態を解除できるため、カウンター対策+行動不可と非常に優秀です。

<怠惰の罪>妖精王キングは、ヘルブラムと同じく石化役+デバフとHP回復役として活躍できます。

サブの【騎士道】聖騎士ギルサンダーは、特殊戦技でPvP時に味方全体の防御関連能力が30%増加する効果を所持。サブ編成時にもメインのキャラに特殊戦技の効果が発動するため、パーティの防御力強化用キャラとして編成しています。

代用キャラ

代用キャラ 役割と立ち回り
【鉄壁の騎士】守護者グリアモール
グリアモール
「威圧」ハンタースレイダーの代用
アタッカー&盾役
・スキル1の攻撃で構えを解除&構えスキルを使用不可が可能
・必殺技で挑発&自身の防御関連能力を増加
ジリアン
ジリアン
「威圧」ハンタースレイダーの代用
アタッカー
・構えを解除するスキルと必殺技
・体力属性のHP増加

石化パーティ

【森の守護者】妖精ヘルブラムで敵を石化して行動不能にしつつ、攻めていくパーティ編成です。

PvPでは石化を使うヘルブラムが狙われやすいため、【魔物を統べる者】リムル=テンペストの挑発でヘルブラムを守ります。

<七つの大罪>団長メリオダスは、カウンターで相手を牽制するために編成。リムルの挑発とメリオダスのカウンターを組ませることで、相手はカウンターを恐れて、全体攻撃が撃ちづらくなります。

全体攻撃でヘルブラムが落とされる可能性を減らせるため、戦闘開始時には挑発とカウンターを同時に発動しましょう。

サブの<怠惰の罪>妖精王キングもヘルブラム同様、石化スキルが使用可能です。

代用キャラ

代用キャラ 役割と立ち回り
「雷帝」守護者ギルサンダー
ギルサンダー
【魔物を統べる者】リムル=テンペストの代用
タンク
・挑発&ダメージ減少スキル持ちの盾役
・特殊戦技で必殺技ゲージ1個につき、忍耐率が増加
ハウザー
ハウザー
<七つの大罪>団長メリオダスの代用
アタッカー
・特殊戦技でのクリティカルが狙いやすい
・反撃スキルを持つ

デバフ対策パーティ

【リオネスの英雄】聖騎士ゴウセルのデバフ使用不可スキルで、石化スキル攻撃の使用を封じるパーティ編成です。

【災いを呼ぶもの】魔術士リリアは、必殺技で敵全体のスキルをランクダウンさせることができるため、スキルランクが2~発動条件の石化スキル攻撃を防ぐことができます。

<怠惰の罪>妖精王キングはデバフ解除&回復役として編成。サブの【マトローナ】格闘家ディアンヌは、ゴウセルと同じくデバフスキルを使用不可にするスキルを所持しているためサブに編成しています。

代用キャラ

代用キャラ 役割と立ち回り
【魔物を統べる者】リムル=テンペスト
リムル=テンペスト
【リオネスの英雄】聖騎士ゴウセルの代用
デバフ無効の盾役
・デバフ効果を無効にする構え&挑発
・必殺技/合技で単体のバフ効果と構えを解除&1ターン気絶可能
【リバース】守護者ホーク&エリザベス
エリザベス
<怠惰の罪>妖精王キングの代用
バッファー
・デバフ解除&硬化スキルを持つ
・必殺技の突進ダメージも強力

回復耐久パーティ

【リオネス】王女エリザベスで味方全体を回復し続ける耐久パーティ編成です。エリザベスは、味方がダメージを受けたら即時に回復スキルを使用して、味方がやられないように立ち回ります。

【魔物を統べる者】リムル=テンペストはタンク役で編成。回復役であるエリザベスが倒されないように要所要所で挑発を使って守りましょう。

<強欲の罪>冒険家バンは敵全体の攻防を下げるデバッファーとして編成。敵全体の攻撃力を下げることで、1ターンの間に誰か1人が倒される可能性を減らせる点から、メインに編成しています。

サブの【災いを呼ぶもの】魔術士リリアは、スキルで攻防デバフが付与できるほか、特殊戦技で攻撃関連能力を減少させることで、被ダメージを抑えるために採用。

代用キャラ

代用キャラ 役割と立ち回り
「雷帝」守護者ギルサンダー
ギルサンダー
【魔物を統べる者】リムル=テンペストの代用
タンク
・挑発&ダメージ減少スキル持ちの盾役
・特殊戦技で必殺技ゲージ1個につき、忍耐率が増加
エリザベス
エリザベス
【リオネス】王女エリザベスの代用
ヒーラー
・貴重な全体回復持ち
・必殺技/合技ですべての味方を回復&3ターンの間、治癒の効果でHPの60%を回復できる

回復対策パーティ

<憤怒の罪>魔神メリオダスのスキル2の感染効果で回復関連能力を無効にしつつ戦う回復対策パーティです。

【リオネス】王女エリザベスなどが使う全体回復スキルは非常に厄介。1ターンで倒しきれないと、全回復されてしまう危険性があります。

まずはメリオダスはスキルの感染効果で、相手を回復不能状態にし、1体を集中して倒すように動きましょう。

【コレクター】大魔術士マーリンは、スキルランク2で回復スキルを使用不可にできます。デバフ解除+回復を使う相手に効果的です。

<怠惰の罪>妖精王キングは、相手が攻防弱体化スキルを使ってきた時のデバフ解除役として編成。回復耐久型のパーティは、耐久面に優れているものの攻撃力はさほどありません。デバフの対策をしっかりしましょう。

サブの【冒険家】聖騎士ジェリコは、特殊戦技で筋力属性の味方の攻撃を10%増加可能。サブ編成時にもメインのキャラに特殊戦技の効果が発動するため、パーティにいる筋力属性キャラの攻撃力強化用キャラとして編成しています。

代用キャラ

代用キャラ 役割と立ち回り
スレイダー
スレイダー
<憤怒の罪>魔神メリオダスの代用
アタッカー
・スキルや特殊戦技でクリティカル確率アップ
・感染を付与する必殺技/合技
ドレファス
ドレファス
<憤怒の罪>魔神メリオダスの代用
アタッカー
・デバフ特化のスキル性能
・筋力属性の防御力を大幅アップ

挑発耐久パーティ

【鉄壁の騎士】守護者グリアモールの挑発&防御関連能力の増加で、全ての攻撃を受けきる耐久パーティ編成です。

【スライム】リムル=テンペストは、グリアモールのHP回復&デバフスキル無効ができ、【破壊の暴君】ミリム・ナーヴァは、クリティカル確率が高いアタッカーとして編成。

サブの【リオネス】王女エリザベスは、ヒーラー兼、特殊戦技での必殺技ゲージ増加要員として採用しています。

代用キャラ

代用キャラ 役割と立ち回り
「雷帝」守護者ギルサンダー
ギルサンダー
【鉄壁の騎士】守護者グリアモールの代用
タンク
・スキルで挑発&ダメージ減少
・特殊戦技で忍耐率が増加
<豚の帽子>亭看板娘エリザベス
エリザベス
【リオネス】王女エリザベスの代用
ヒーラー
・全体回復持ち
・必殺技/合技ですべての味方を回復&3ターンの間、治癒の効果でHPの60%を回復できる
・特殊戦技でダメージを受けたキャラが回復

必殺技対策パーティ

必殺技ゲージ減少必殺技使用不可などで、必殺技対策をメインに行動する編成です。

エレインとバンは、スキルで必殺技ゲージ減少ができ、ミリムは必殺技使用不可かつアタッカーとして編成。

サブのゴウセルは、ランクダウンや必殺技ダメージ減少ができるデバッファーです。また、特殊戦技で防御関連能力を15%減少できます。

代用キャラ

代用キャラ 役割と立ち回り
<暴食の罪>大魔術士マーリン
マーリン
【アンデッド】囚人バンの代用
バッファー
・必殺技ゲージ減少
・シールド生成
・特殊戦技で必殺技ゲージを増加
【災いを呼ぶもの】魔術士リリア
リリア
【手配犯】村の青年ゴウセルの代用
デバッファー
・敵が受けるダメージを増加
・必殺技でランクダウン&必殺技ゲージ減少
・特殊戦技で攻撃力を16%減少

妖精族パーティ

エレインとキングが持つ特殊戦技を生かした妖精族中心の編成です。

エレインとヘルブラム、キングをメインに置くことで、必殺技ゲージ減少石化が適度に使い回せます。

サブのメリオダスは、点火や弱点ダメージが特徴のアタッカーです。また、特殊戦技で味方が戦闘不能になるとクリティカル確率が50%増加します。

代用キャラ

代用キャラ 役割と立ち回り
【鬼人族】ベニマル
ベニマル
【復讐の鬼】妖精ヘルブラムの代用
デバフアタッカー
・全体の防御関連能力を減少
・必殺技でランクダウン&必殺技ゲージ減少
・特殊戦技で与えるダメージが3%ずつ増加
<暴食の罪>大魔術士マーリン
マーリン
【復讐の鬼】妖精ヘルブラム
バッファー
・必殺技ゲージ減少
・シールド生成
・特殊戦技で必殺技ゲージを増加

クエスト周回 最強パーティ

各クエストでの最強パーティを知りたい人は、以下のリンク先をご覧ください。

SPダンジョン

殲滅戦 最強パーティ

各殲滅戦の最強パーティを知りたい人は、以下のリンク先をご覧ください。

赤き魔神

灰色の魔神

© 鈴木央・講談社/「七つの大罪 戒めの復活」製作委員会・MBS © Netmarble Corp. & Funnypaw Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属します。

コメント 8

読み込み中です

    グラクロ最新情報

    グラクロ掲示板

    グラクロ各種ランキング

    グラクロ ツール関連

    グラクロ ガチャ関連

    グラクロ コラボイベント攻略

    グラクロ クエスト攻略

    グラクロストーリー攻略

    グラクロ バトルコンテンツ

    グラクロ初心者向け攻略

    キャラ強化関連

    グラクロ攻略データベース

    グラクロ主要キャラクター

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。
    新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。